ムダ毛の自己処理を行っていると、肌の表面はツルツルしているのに、見ると無数の黒いポツポツが出来ていることがあります。

この黒いポツポツというのは埋没毛です。すごく目立つので、恥ずかしい思いをした人も少なくないでしょう。

埋没毛は、自宅のケアで治すことが出来るのを知っていますか?

埋没毛を自宅で治す方法

埋没毛は皮膚に埋もれてしまっているため、処理を行うことが出来ません。そのため、皮膚を柔らかくし、埋もれていた毛を表面に出す必要があります。

皮膚を柔らかくするには、とにかく保湿が大事です。埋没毛のケアに使う保湿クリームは市販のものでかまいません。毎日の入浴後に、保湿クリームを塗るだけなので、手軽にケア出来るでしょう。

埋没毛は肌表面の古い角質によって、毛が肌表面に出てこられない状態のことを言います。肌表面の角質を取り除くことも、埋没毛のケアには大事です。

ピーリングジェル、ボディー用スクラブなど、角質除去用の商品が市販されています。そのような商品を利用することで、角質除去が簡単にでき便利です。

ですが、ピーリングジェルやボディー用スクラブは、頻繁に使うと肌が乾燥しやすくなります。埋没毛を早く治したいからといって、必要以上に使用することはやめましょう。肌の乾燥は埋没毛を悪化させるため注意が必要です。

埋没毛は残念ながら、保湿やスクラブなどでのケアではすぐに治すことは出来ません。気長に根気よく、ケアしていくことが大事なのです。

すぐに目立たなくする方法

埋没毛をきれいに治すには時間がかかります。

早く埋没毛を目立たなくする方法として、肌の表皮を開き、毛抜きで引き出す方法があります。表皮を開くので、皮膚に埋まっている毛も処理でき、埋没毛を治すのに時間をかけられない人の最終手段です。

毛抜きは極力使うな

毛抜きを使う方法は、皮膚を傷つけてしまう可能性があるので注意しましょう。

皮膚に出来たキズから細菌が入ることで、皮膚に炎症が起こることがあります。埋もれていた毛を無理矢理引き出すので、肌への負担はかなり大きく、色素沈着の可能性もあるのです。それに埋もれていた毛をうまく引き出せなかった場合、何度も毛抜きで肌を傷つけてしまったがために皮膚をえぐってしまうことにもなります。

早く埋没毛を治したいからといって、毛抜きを使うことはリスクが高く、おすすめ出来る方法ではありません。だからといって、埋没毛を治すために、時間をかけて根気よくケアし続けるのも大変ですよね。

では、炎症や色素沈着のリスクを回避しながら、出来るだけ早く埋没毛を治すためには、どうすれば良いのでしょうか。

埋没毛は放置してはいけません

埋没毛は病気ではありません。そのため、特に気にせず放置しているという人もいるでしょう。

埋没毛は皮膚の中で伸び続けるので、皮膚に炎症が起こることが多いです。ひどい場合は、膿がたまり、しこりとなってしまいます。しこりが出来てしまった場合は、外科手術が必要です。外科手術は、後が残ってしまう場合も。

埋没毛の放置は非常にリスクが高いです。埋没毛を放置して、体にキズが残る前に即ケアをはじめてください。

埋没毛には脱毛がおすすめ

確実に早く埋没毛を治したい人は、美容皮膚科や医療クリニックの受診をおすすめします。美容皮膚科や医療クリニックは、医師の指示のもと治療が行われる医療機関のため、安心して治療することが出来るでしょう。

皮膚科やクリニックで埋没毛を治療する場合、ひどい状態(膿んでいるなど)でない限りレーザー治療(医療脱毛)が一般的です。レーザーを用いた医療脱毛での治療は、黒の色素のみに反応するので、皮膚に埋もれた毛であっても処理することが可能となります。

ただし、クリニックでの脱毛は痛みを伴います。また、価格も高額となることが多くなかなか手を出せずにいるという方も少なくありません。

▶クリニックでの治療ならこちらがおすすめ!

脱毛サロンでも埋没毛の脱毛は可能

脱毛サロンでも埋没毛をなくすことが可能です。サロンでの脱毛であっても、毛根に直接働きかけ毛を弱らせてくれるため、埋没毛を根本から改善することができます。

そしてなんといっても、痛みが少なく、格安で脱毛が出来るので、脱毛サロンでの埋没毛の治療は人気が高いです。

ですが、脱毛サロンでは医療機関で使っているものより、効果が柔らかい脱毛器を使用しているため、埋没毛が完全になくなるまでは多少の時間がかかります。

埋没毛が完全になくなるまでに時間はかかりますが、痛みをほとんど感じることなく、早い段階で毛が薄くなり目立たなくなるのでおすすめです。

▶脱毛サロンならここ!推しサロンの解説付き

    埋没毛を脱毛で治すメリット

    脱毛の最大のメリットは、埋没毛の予防が出来ることです。

    埋没毛はほとんどの場合、自己処理が原因で起こっています。サロンや医療機関で脱毛すれば、自己処理をする必要がなくなります。

    自己処理を行わなくなると埋没毛が出来る原因がなくなるので、結果的に予防に繋がるのです。

    埋没毛は予防と対策が大事

    埋没毛は、治らないわけではありません。しかし自宅でのケアも、病院での治療も、時間と費用が必要となります。

    埋没毛は作らないことが1番大事です。埋没毛はムダ毛の、自己処理によって起こります。

    自己処理ではムダ毛を、完全に取り去ることは出来ないため、頻繁に処理を行う必要があるのです。頻繁に処理を行うことで、皮膚が乾燥しトラブルが起きやすく、埋没毛のリスクも高まります。

    埋没毛を作らないためには?

    • しっかりと保湿をする
    • 自己処理の回数を減らす

    以上のことが必要です。

    サロンや医療機関で行う脱毛は、脱毛のプロが行います。肌のコンディションを見ながら、乾燥やキズ等のトラブルに気をつけ施術してもらえるので、トラブルは少ないでしょう。

    自己処理を行っていると、また埋没毛が出来るのでは…と不安になります。そんな不安を解消するためにも、ムダ毛の自己処理をやめましょう。

    思い切って脱毛に切り替えてしまえば、自己処理をしなくても良く、埋没毛のリスクを減らすことが出来ます。