鏡を見ると、いつの間にか生えている立派なあごのひげや鼻下のひげ…

そんな悩みを抱える女性たちに、生えてくるひげの原因から対応方法などを細かく説明いたします。

女でもヒゲが生えてるんです…その原因は?

女性であってもヒゲが生えてくるのはなぜか?原因をまとめてみました。

男性ホルモンの増加が濃いひげの原因

女性の体では女性ホルモンのほかに、男性ホルモンも作られています。テストステロンと呼ばれる種類の男性ホルモンですが、このテストステロンが増えることで、ひげが生えたり、体毛が濃くなる原因となっているのです。

男性ホルモンが増える原因の代表は、実は日々の

  • 生活習慣
  • 食事
  • ストレス

などであると言われています。

女のヒゲは病気の可能性もあるので注意

男性ホルモンは女性の卵巣や副腎で形成されます。

女性のホルモンバランスはもともと男性に比べて変化が大きいものですが、男性ホルモンのバランスが多くなってきたときには、排卵障害も見受けられる場合もあるのです。

ひげが生えてくると共に

  • 生理が不順になった
  • 明らかに体毛が濃くなった
  • ニキビが増えてきた

という方は、PCOS(多嚢胞性卵巣症候群・たのうほうせいらんそうしょうこうぐん)の疑いがありますので、早めに婦人科を受診するべきでしょう。排卵障害や、のちの不妊の原因にもなる可能性も考えられますから、急激に体毛が濃くなると本当に注意が必要です。

また、ひげだけではなく、全身の毛がたくさん生えてしまう方は「多毛症」の可能性もありますので、明らかに全身に毛が生えてしまっている方も、PCOSの疑いがある方と同様に医師の指示を仰ぎましょう。女性の多毛症の症例は、男性に比べては少ないですが、PCOSも一緒に同時発症となることが多いようです。

ひげの処理その前に

ここからは実際にヒゲの処理方法をお話しています。

まずは体質改善でヒゲをなくそう

前述の通り、ひげが生えるのは男性ホルモンの増加によるものなので、根本から解決できるのが一番いいですよね。

ストレス解消!でもタバコの喫煙は控えよう

ストレスがたまることで、体内では抗ストレスホルモンが分泌されます。この成分が男性ホルモンを増やすことに影響を及ぼします。

もちろん、ストレスを0にすることは難しいと思います。ストレスを溜めないようにするのではなく、上手に発散できるようになりましょう。

  • 趣味の時間をしっかり持つ
  • カラオケで発散する
  • 友達に愚痴を聞いてもらう

など、自分なりの発散方法を探してみてください。

しかし、ストレスから喫煙をしてしまう方は要注意です。喫煙には様々な健康被害だけでなく、女性ホルモンを減らしてしまうという作用があります。ストレスはわかりますが、たばこの数は美容のためと思ってできるだけ減らすようにすべきでしょう。

睡眠でひげを処理しろ!

女性ホルモンをしっかり整えるのは充分な睡眠です。

体は、寝ている間に体の機能を修正し、自律神経によってバランスを整えていくものです。この睡眠時間が足りていないと、副交感神経と交感神経のバランスが崩れ、自律神経の乱れにつながります。

自律神経は内分泌や細胞の形成をする大事な神経で、それが乱れることで女性ホルモンへも影響を与えます。良質な睡眠をしっかりとることで、自律神経が整っていきます。

良質な睡眠をとるためには、

  • 遅くても12時前までに就寝すること
  • 7時間以上は寝るよう心掛ける
  • 寝る前2時間以内は食事しない
  • 入浴などで体を温める
    (熱すぎのお風呂は逆にNG)
  • 寝る前のスマホパソコンの利用は控える

などを心がけましょう。

常に眠気を感じていたり、朝起きたてでも疲れているならこちらをご参考下さい。

▶眠い!だるい!そんなときの睡眠サプリのおすすめとは

食生活を整えてヒゲ対策しよう

過度なダイエットはホルモンバランスの大敵です。食事を抜いてはいませんか?ダイエット中でも、女性ホルモンを形成するたんぱく質を率先して取り、バランスの良い食事を心がけましょう。

また、逆に化学調味料の多いジャンクフードは体からミネラルを奪い、自律神経の乱れを引き起こしますので摂りすぎには注意が必要です。

大豆イソフラボン効果

大豆イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをしてくれます。

納豆やみそ、豆腐等にたくさん含まれている大豆イソフラボン。手軽に取れる食材なのでぜひ、取り入れてみてください。

エストロゲンに似た働きをしてくれるほか、

  • 肌や髪のツヤを保つ
  • コレステロールの増加を抑える
  • 自律神経を整える

などの効果もありますので、女性には嬉しいことだらけの効果が得られること間違いなしの食材です。

女性のひげの処理の方法

間違ったひげの処理をすると、肌を傷つけてしまうこともあります。

また、繰り返し間違った方法を続けることで色素沈着を起こし、毛が濃くなってしまうこともありますから注意しましょう。

毛抜きでひげは抜いてはダメ!!

毛抜きを使って処理をすると、毛幹だけを抜いてしまって毛根まで抜くことはできません。

毛穴の中に毛母細胞や毛乳頭が残ると、次に生えるひげは簡単に抜けないようにもっと強くしよう!と免疫性がついて強くなってしまい、さらに太くてしっかりした毛を育てようとしてしまうのです。

また、毛を抜いた後の毛穴は無防備に広がったままになり、そこからバイ菌や雑菌の侵入につながります。ニキビなど皮膚の炎症の原因にもなりかねませんので、毛抜きの使用はやめておきましょう。

シェーバーを使ってひげの処理をしよう

シェーバーでの処理は自宅ででき、コストがかからないので一番お手軽な方法です。

しかし、間違った処理の仕方は、肌を傷つける原因になりますので正しい方法をお伝えします。

1温かい蒸しタオルで処理する部位を温める

毛穴を広げ、毛を柔らかくして、シェーバーで処理しやすくします。

2シェーバーを使う際の注意点

シェービングクリームを添付後、毛が生えている方向にシェーバーを動かします。

直接肌にシェーバーをあてると傷の原因になるのはもちろん、その刺激がメラニン生成を助長し、黒ずみや色素沈着の原因となりますので、シェービングクリームは必ず使うようにしましょう。

また、石鹸等をクリーム代わりに使うのは、雑菌が入る原因となりますから、避けたほうが賢明です。

さらに、毛の生えている方向と逆方向に剃ってしまうと、角質を取りすぎたり、肌を傷つけてしまうというリスクが高まる恐れがありますので、こちらも併せて避けましょう。

3処理後の保湿

安全に処理したからと気を抜いてはいけません。

痛くなかったからとはいえ、少なからず肌はダメージを受けています。たっぷりの保湿クリーム使って優しくケアするようにしましょう。

抑毛ローションを使ってみるのもアリ

簡単におうちでケアができる抑毛ローションは

  • コストもよし
  • 安全性も高い
  • 肌にも優しい

仕上がりになります。

しかし即効性はあまりないことと、脱毛するわけではないので、男性のようなしっかり生えてしまったひげやムダ毛に対してはあまり効果を感じられません。

ただ、抑毛ローションに含まれる成分は、大豆イソフラボンが多く含まれています。大豆イソフラボンは、女性ホルモンのように作用し毛が生える周期を遅らせることができることと、さらには美肌効果も絶大です。

専門機関で処理するお金がない方などは、自己処理と併用して抑毛ローションを使うと良いのではないでしょうか。

脱毛サロンやクリニックを活用しよう

最近では部分脱毛や全身脱毛といった言葉が普通になるなど、女性により身近な存在となってきた脱毛サロン。サロンより永久脱毛の効果が得られる医療系のクリニックも、かなり格安で施術してもらえるようになってきました。

サロンやクリニックによりけりではあるものの、顔脱毛が含まれているところならヒゲの施術もしてくれます。

女性にとってはやはり傷つけたくない大事な顔の一部ですから、自己処理に失敗して黒ずんでしまうリスクを背負うより、こうした専門の機関でお願いするとより綺麗になれる安心材料でもあるでしょう。

もちろん安心材料の裏には、自身で処理するよりも

  • 費用がかかること
  • 何度か通わないといけない

といった面倒な部分もあったりします。

そんなメリットやデメリットを比較して考えることで、よりご自身に合ったひげの処理方法を見つけていけば良いのではないでしょうか。

ひげの処理の後はやはり保湿ケア

どんなに気を付けてケアをしたとしても、肌は少しずつダメージを受けています。ですから、処理の後の保湿は重要なポイントとなっています。

サロンやクリニックでの脱毛になれば、専門の機関ですから保湿ケアも行なってくれていますが、自己処理をされているならそうはいきません。

最近では抑毛効果のある保湿クリームや、毛穴黒ずみケア成分のビタミンCやプラセンタが含まれている保湿剤もあります。

あなたの肌に合った保湿剤を使って、ひげを処理したら必ずお肌に良い成分を与えてあげてくださいね。